盲導犬をはじめとする補助犬の引退後を支援するNPO法人日本サービスドック協会です。 啓発活動も兼ねて「ほんわか事務所便り」を配信しておりま~す。
高田おかげまつりに参加~1日目
2013年05月07日 (火) | 編集 |
あっという間にGWも終わりましたが、皆さんはおでかけなど楽しく過ごされましたでしょうか?
事務所も5月に入りバタバタしていて、ブログに更新もできずで
おかげまつりのご報告も遅くなってしまいました。
   すみませ~ん



4月27日(土)10~16時 高田おかげまつり1日目

今年も高田おかげまつりに参加させていただくことができました。
天気も心配しましたが両日ともお天気に恵まれました。
1日目は風があり少し肌寒かったですがたちには過ごしやすい1日でした。

     
     *★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*

おかげまつりとは・・・(以下、大和高田市のHPよりお借りしました)
「高田おかげ祭り」は、平成9年秋に始まりました。
おかげとは、江戸末期から明治初年にかけて、暴発的に大群衆となって、伊勢神宮をめざしたおかげ参りに由来するもので、本市を東西に貫く伊勢街道は、このおかげ参りの群集が通り、沿道の人々は、大いに施行と呼ばれる奉仕をおこない、たいへんなにぎわいをみせたことが知られています。
このおかげ参りのにぎわいと楽しさを今に再現して、商店街の活性化をはかり、今も続く「商い文化」を発信しようとしています。龍王宮、片塩地域商店街を主なエリアとして、おかげ踊りパレード、うまいもん市おかげ市大道芸など、盛りだくさんのだしものが準備されて、祭り当日は、まるで、往時のおかげ参りがよみがえったかのようなにぎわいをみせています。今年は、あなたも、おかげ踊りの輪に入って、江戸の昔にタイムスリップしてみませんか。


     *★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*


今年は、SATY跡に近商さんがOPENして人の流れも少しづつ戻ってきているとお聞きしました。良かったです~♪昔のような賑わう高田の街に戻ってほしいですね。

毎年、同じブースでしたが今年から場所が商店街の方に変わりました。
少しわかりにくい場所だったのか、みなさん「今年は来てないと思ったよ~」「あっ、見つけた!」とか言ってふれあいコーナーに訪れてくださいました。
楽しみにしてくださってる方々、子どもたちがいてくれることにホントうれしい限りです!
皆さん会いにきてくださってどうもありがとうございました
また、当日も快く場所を提供してくださいました三英電化さま、ナカムラスポーツさまにはスタッフ一同感謝の気持ちでいっぱいです。おかげさまでふれあいコーナーも広い場所でゆっくりさせていただくことができました。


 sDSCN3262.jpg
     大和高田市のゆるきゃらマスコットのみくちゃんと

        参加者:14名   活動参加犬:11頭 
募金箱:59,945円 グッズ売上(引退補助犬を支援する会):68,350円 

引退犬支援にご協力いただきました皆さまに心からお礼申しあげます。
皆さまからいただきました温かいご支援は、大切に引退犬支援活動に使わせていただきます。




ではでは、活動の様子は写真でご紹介いたしま~す。

  sDSCN3287.jpg
  sP1070929.jpg

お待たせいたしました!Tシャツの新商品が販売開始いたしました~♪
JSDAのオリジナルキャラクターでおなじみの小山るみこさんが、可愛い~ゴールデンとラブのイラストを描いてくださいました。
ネット販売も開始いたしますのでもうしばらくお待ちくださいね。

  sDSCN3272.jpg
  sDSCN3312.jpg
  sDSCN3306.jpg
  sDSCN3324.jpg
  sDSCN3290.jpg
  sDSCN3292.jpg
  sDSCN3297.jpg
  sDSCN3304.jpg
  sDSCN3270.jpg
  sDSCN3268.jpg
  今年もディアブロッサ高田のメンバーの方々が遊びにきてくれました~♪
  sIMG_4025.jpg
  sIMG_4032.jpg
     盲導犬おりがみはいつもながら子どもたちに大人気! 
  sIMG_4039.jpg   
  sDSCN3286.jpg
徳島から参加してくださったユーザーのTさんが、美味しいお芋さんを仕入れてご寄附くださいました!
POPもTさんのご主人さまの手書きです~♪
初日で完売! 2日目に「帰って食べたら美味しかったのでまた買いに来たよ」というお客さんが何人かいらっしゃったくらいでした。
Tさんご夫妻、いつもありがとうございます!

参加者もスタッフもうまいもん市などを楽しみながら過ごすことができました。
朝早くからラストまで、荷物の搬入などお手伝いにしてくださった皆さんにも感謝です!
どうもありがとうございました

 2日目につづく・・・



  事務所スタッフ T 
コメント
この記事へのコメント
私も盲導犬を支援しています。
 初めまして。私も盲導犬を支援していて、盲導犬協会の賛助会員で、毎月決まった額(私の場合は1ヶ月に3千円で、クレジットカードから自動的に引き落とされます)を募金しています(^_^)/
 それで、視覚障害者を含め、障害者の方々を支援する方法が、募金以外にもあるので、それをお伝えします。大阪にある、『豊能障害者労働センター』では、バザー品を一年中募集していて、バザー品の売り上げが、障害者福祉に使われています。
 このセンターでは、5つのリサイクルショップを運営して、バザー品はそこで売られています。ここのセンターにバザー品を送ることは、障害者の方々に『仕事』を提供することにもなり、障害者の『自立』を支援することにもなります。
 私も「ずっと長く使う」と信じて買ったものが、意外と使わなくなった、ということが、よくありました。以前はもったいないと思いながら、不用品を泣きたい気持ちで仕方なく捨てていましたが、今はここの労働センターに送れるので、とても嬉しいです(^^) それで、私と同じように、「使わないものを捨てられない」と悩んでいる人を助けたくて、多くの人に、この労働センターを教えているのです。
 バザー品の送り先のHPは http://www.tumiki.jp/bazar.html
です。ここでは、一般のリサイクルショップで引き取らない物や、他のバザー会場で売れ残った物も受け入れていて、それらはきちんと商品として販売されています。
 また、ここの送り先を気に行って下さったら、知り合いの方にも伝えて頂けると嬉しいです。私は一人でも多くの「もったいなくて捨てられなくて困っている」方々を助けたくて、そして多くの家庭に眠っている『不用品』が、障害者支援の役に立ってもらいたいので(^^)
2013/05/16(Thu) 20:15 | URL  | せきぐち #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック