盲導犬をはじめとする補助犬の引退後を支援するNPO法人日本サービスドック協会です。 啓発活動も兼ねて「ほんわか事務所便り」を配信しておりま~す。
事務所便りです。
2011年06月03日 (金) | 編集 |
今日は少し曇っていますが爽やかな風が吹き気持ちがいいです~
事務所でもシャンプーデーに使用したタオルや敷物など洗うのに朝から洗濯機さんが頑張ってくれてます。
すぐに乾く~洗濯日和ですね。

朝、出勤したら事務所前にパトカーが・・・・
え~~~何か事務所に起こったか?泥棒?・・・
いえいえ、事故があって現場検証中でした。
事務所前の四つ角は、交通量はそんなに多くないのですが時々出会い頭の事故が起こっています。
事務所に来られるときは、皆さん必ず一旦停止して確認してくださいね。

   
P1030658.jpg
      交通安全~何ごとも確認プロジェクト!だワン。


5/22(日)甲南大学「オール甲南のつどい」の東日本大震災チェリティーイベントでJSDA募金箱へいただきました募金額の半分を東日本大震災「ハート募金」に送らせていただきました。
ハート募金では、被災した引退犬及び引退犬ボランティアさんたちにも支援してくださっています。

日本盲導犬協会の理事長井上様からお礼のお手紙と領収証が届きましたので、ご協力いただきました皆さまへお礼申し上げるとともにお知らせさせていただきます。

    
  IMG_20110603115349.jpg

以下、日本盲導犬協会様から届いたお礼のお手紙です。



           お礼

拝啓 時下ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。
この度は、東日本大震災「盲導犬ハート募金」視覚障がい者・盲導犬支援にご協力をいただきまして誠にありがとうございます。
東北地方で多くの盲導犬ユーザー、視覚障がいをお持ちの皆様が被災され大変辛く厳しい状況におかれました。
今尚、余震の恐怖と闘いながら非難を余儀なくされている多くの皆様がおられることを、決して忘れてはならないと感じております。
このような状況下において「団結と規律」が必要不可欠であります。
視覚障がい者の社会参加と自立支援に資するという同じ志のもと、団結し目的に向かってゆかねばならない時です。
まずは、盲導犬ユーザーをはじめ避難所で不便を強いられている視覚障がい者の皆様に声をかけ耳を傾け、今何が求められているのかをしっかりと把握する必要があります。
その為に、職員を現地に派遣し盲導犬のフォローアップや聞き取り調査を早急に行っていきます。
やるべきことをやり、守るべきことを厳守し職員すべての力を集結し、現地での支援活動にあたって参ります。
 皆様には、今後より一層のご支援ご協力をお願いすることになりますが宜しくお願い申し上げます。
                          敬具


                      以上です。


 被災地の1日も早い復興と皆さまのご健康をを心よりお祈り申し上げます。



        事務所スタッフ T
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック