盲導犬をはじめとする補助犬の引退後を支援するNPO法人日本サービスドック協会です。 啓発活動も兼ねて「ほんわか事務所便り」を配信しておりま~す。
オール甲南のつどい
2011年05月25日 (水) | 編集 |
   5月22日(日)

この日は、甲南大学でのオール甲南のつどいと日本ライトハウス盲導犬訓練所のボランティアデーがありスタッフも別れての活動となりました。

天気は・・・・予想通りの雨(あららぁ~)
始まる頃には、雨風も強まりどちらも室内でのイベントとなりました。

まずはオール甲南の集いからご報告しますね。

   3e.jpg

今年は、東日本大震災チャリティーイベントとして開催されました。
甲南学園は、阪神淡路大震災によって校舎の6割を失ったそうです。
この経験に照らして、今復興へ向けて立ち上がろうとしている被災地へ「何か」させていただくために今回のイベントを開催されました。イベントを通して集まった義援金を日本赤十字社等を通して被災地へ届けられます。
JSDAもFM COCOLOさんのお誘いでふれあいとグッズ販売の啓発活動を行わせていただき、設置した引退犬支援の募金箱にいただいたお金の半分を「東日本大震災 盲導犬ハート募金」に送金させていただきました。

     募 金 箱:20,637円
     グッズ販売:30,200円(JSDA)
            30,100円(エイティズ)
     参加者:3名  参加犬:盲導犬2頭
      
 皆さまの引退犬への温かいご支援に心よりお礼申し上げます



☆イベントの様子をご紹介しましょう☆

   1g.jpg
   1a.jpg
   1i.jpg

広い大学の点在する校舎でのイベントだったのが残念でした。
2時頃には天気も上がったのでできればふれあいは外でやりたかったですね。
人の熱気で建物内の気温も上がり、犬も人も外で涼みながら頑張ってくれました。子どもたちも多く、初めて見る盲導犬たちの大きさに驚きながらも犬たちの優しい眼差しに抱きつく子も~
小さな声で「お仕事頑張ってね、バイバ~イ!」って声もかけてくれたりしてくれました。
ちびっこたちの応援は未来に繋がる大きなパワーですよね。
徳島からもPW&JSDA会員のSさんが応援にかけつけてくださり大助かりでした。

また、会社や仲間に配るからと「パンフレットを多めにちょうだい」と声をかけてくださる方も多く、ゆっくり引退犬とJSDAの活動について啓発できる良い機会となりました。
関西盲導犬協会のボランティアさんたちも何人か声をかけてくださり、色々お話を伺うことができました。


   1h_20110526150034.jpg
   1w.jpg

グッズコーナーでは、エイティズスタッフのMさんが頑張ってくださってました。
こちらも好評で、たくさんの方にご協力いただけました。

      1l.jpg
   頑張ってくれた盲導犬のサファイア&ダニエルくん ありがとう


主催者の甲南大学関係者の皆さま、FMCOCOLOさま、エイティズさまには心よりお礼申し上げます。
また、JSDAの活動にご賛同いただきました皆さまやお手伝いしてくださった皆さまありがとうございました。
また、皆さまにお会いできる日を楽しみにしています。

   

           事務所スタッフ T
  
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック