盲導犬をはじめとする補助犬の引退後を支援するNPO法人日本サービスドック協会です。 啓発活動も兼ねて「ほんわか事務所便り」を配信しておりま~す。
第6回研修会を開催しました。
2011年02月23日 (水) | 編集 |
2月20日(日) 14時~事務所にて

年に1度、引退犬ボランティアさんを対象に研修会を行っています。
遠くは愛知県や小豆島からも参加してくださいました。

     参加者数 25名+17頭 

   c_20110221171532.jpg

今回は、いつもお世話になっているおざき動物病院の先生方が講演してくださいました。

   1_20110221171419.jpg
      尾崎英二院長・田中洋介獣医師・三浦久美看護士



①床ずれの治療方法 田中洋介獣医師

   7_20110221171419.jpg
  IMG_0344.jpg IMG_0341.jpg
  IMG_0342.jpg IMG_0343.jpg
   11_20110223163813.jpg

高価なマットを買わなくてもすのこやエアーマットでも代用できるのですね。
そういや我が家の倉庫にも眠ってるエアーマットがあるなぁ・・・
それに、100円均一で買えるものでラップ材として使えるものも紹介くださいました。
なるほど~母乳パッド立体型なのでいいですよね。
   
   2_20110221171419.jpg
説明用にと看護士さんからちっちゃなワンコを差し出され、笑いの渦に・・・

 

 ②ワクチン接種に必要性と副反応  尾崎英二院長 

   4_20110221171419.jpg
   9_20110221171501.jpg

ワクチンについても色々笑いを交えながらお話をしてくださいました。
老犬についてはやはり主治医の先生と相談の上、接種をするかしないかは飼い主さんの判断で決めることが一番だそうです。
特に栄養状態が悪いとき、免疫抑制剤などの治療時、腫瘍など免疫低下を招く恐れのあるときなどは要注意!
尾崎先生の学会発表されたワクチン接種時のアレルギー反応の研究の中で、ワクチンに含まれる牛胎仔血清・ゼラチン・ガゼインなどがアレルゲンになっているそうです。
昨年、県内の8歳の盲導犬もワクチン接種後、呼吸困難に陥いったが救命治療で助かったので皆さんも気をつけてください!とMLで報告を受けました。
「毎年やってるから大丈夫!」とも言えないようです。

   8_20110221171502.jpg
                 質問タ~イムです。


時間ギリギリまで質問などに答えてくださりありがとうございました。
先生方は、お茶飲む暇も無く治療を待ってる病院へとすっ飛んで帰られました。

 お忙しい中、研修会にご協力いただき心より感謝申し上げます


たくさんの勉強になるお話をすべてご報告できなくてすみません。
何せ、文字にするのが下手な私なので・・・スミマセン。
この時の資料は、後日先生からいただけることになっていますので希望される方は事務所までご連絡くださいね。

    新しい褥瘡治療について  こちらもご覧ください。




研修会後は、お茶やお菓子を食べながらの座談会。
ワンコ話に花がさき笑い声が絶えない賑やかな事務所でした
   
   10_20110221171501.jpg

          今日のベストショット

   3_20110221171419.jpg
     お気に入りのボールを咥えてみんなに見せてまわってました


        

    皆さ~ん研修会にご参加いただきありがとうございました。





ブログランキングに参加中      
     ぽちっと↓応援クリック↓お願いしま~す。
   にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へ
にほんブログ村

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック