盲導犬をはじめとする補助犬の引退後を支援するNPO法人日本サービスドック協会です。 啓発活動も兼ねて「ほんわか事務所便り」を配信しておりま~す。
写真 頂戴しました
2009年11月26日 (木) | 編集 |
引退犬プーマ君の写真を頂戴しましたのでご紹介します。
現在 病気療養中で、当協会のカートを利用しています。

DSCN2513.gif

プーマ君の前に乗って得意満面の犬は、ダックスのケイちゃん
小さくても、もう一頭いるゴールデン君を合わせて3頭中のボスだと思い込んでいるので
カートも前面に陣取っています
プーマ君は、カートを利用する意味がすぐにわかったようで、
自ら乗り込むと伏せて、ケイちゃんの保護者のような態勢でじっとしています。

プーマ君は、悪性腫瘍で、後ろ足の指一本を切除しました。
転移率の高い種類の癌で大変心配しましたが、
病理検査の結果は、リンパへの転移もなく、
骨にも十分なマージンが取れているとのことで、安心しました。
ただ、指の付け根は縫合ができず、自然に再生するのも待つしかないので、
しばらく安静が必要だそうです。

訪問して会わせてもらったプーマ君の元気さからみると、
カートが不要になるのもそうは遠いことではないと思います。
200911221417000.jpg

短期間でも、このようにJSDAのカートが利用できるのを
引退犬ボランティアさんが大変に喜んでくださいました。
カートをご寄付いただいたボランティアさんや大阪コミュニティライオンズクラブさんの皆様に、
感謝を込めてご報告いたします。         スタッフ Fより
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック